お金の借り方【※銀行系・消費者金融のカードローンを解説!】

お金の借り方!をあなたにあった融資先別に徹底解説します!


お金の借り方がイマイチわからないし、どこから借りていいのかわからない!

という初心者のあなたへ!

あなたの”ニーズ”にあわせた、お金の借り方をご紹介いたします!

※まずは方法のご紹介の前に、基礎的なことをご紹介します。

基礎を学ぼう〜2つの融資先とは?!


案内する女性

融資先は2つ。
”消費者金融”と”銀行系”のカードローンです。

【特徴】


 

消費者金融系

銀行系

審査の難易度

普通

やや難しい

融資までの時間

高速(※最短1時間もあり)

やや遅い

上限金利の目安

年18.0%

年14.5%

即日対応

可能

難しい

総量規制

(※年収の1/3まで融資制限)

あり

なし

無利息キャンペーン

あり (※一部業者)

なし


ざっくり言うと・・・

消費者金融系:50万円以下で、土日祝日問わず、すぐにお金を借りたい人向け


銀行系:金利が安いため、自動車や住宅リフォームなど大きい買い物向け


となります。


お金の借り方!を徹底解説!


【手順】

ネット(※Web)申込み

店頭 or ネット申込みの2つの方法があります。

店頭は対面式のため、他人の目が気になったり、審査に落ちた場合にかなり気まずい(汗)
といったデメリットがあります。

一方、ネット申し込みは、誰にもバレずに外出中にスマホでこっそり・・・
しかも24時間いつでもどこでも手続き
できます。

※ネットなら審査に落ちても恥をかきません(汗)

審査結果

申込み後、消費者金融系なら最短30分ほどで結果がわかる会社もあります。

融資

【消費者金融系の場合】

「すぐに借りたい!」 or 「借りたいけど、人に見られたくない!」の2つに分かれます。

審査に通ったら、お近くの無人契約機で正式な手続きをするだけなので、
たとえば昼休みに申込みだけ済ましておいき、帰宅途中に、無人契約機で借りるといった方法もあります。

とはいえ、「無人契約機に行く途中、知り合いにバッタリ・・・」と抵抗がある場合は、指定の銀行口座への振込み対応も可能です。
つまり、申し込み〜融資までネットで完結できる! というわけです。

※銀行への振込みは〜14時までの手続きが必要です。
※無人契約機は夜遅くまで対応



管理人の個人的な感想


「消費者金融って怖いな〜」

と私は勝手なイメージを持っていました。

ですが、実際に使ってみると「あれ? めちゃ便利!」と驚きました。

また、申し込み〜融資までネットですべて完結できる業者もあるため、
無人契約機の前でコソコソする必要がありません(汗)


土日は職場への電話連絡ができない?!


驚く人



会社によって土日祝日は休業で、在籍確認の電話連絡ができない場合があります。
ですが、会社に勤務している証拠(※社員証・会社の保険証・給与明細など)を用意すれば、土日祝日の対応も可能になります。

※写メを送る

※銀行系のカードローン会社は土日未対応です。



TOP